plattojpさんのブログ

咲きました6月第4週版

Sophrolaeliocattleya Litozac 'Living Fire'(C. Litozac 'Living Fire')
ソフロレリオカトレア リトザック 'リビングファイア'
Slc. Diablito x Slc. Anzac 1970年 Stewart Inc.
2014年の6月に五島園芸さんよりやってきました。

Cattleya Litozac 'Living Fire'

半年に1度、咲きます。今回はちょっと涼しめの梅雨シーズン開花で、色よく大きく咲きました。実際にはもっと暗い赤です。ワインレッド。NS 11x11cmほど。

2001年に育ててたリトザックは株がもっと大きかったような気がしていて、バルブの長さはこの株の2〜3倍ぐらいあったかもしれません。 もしかすると、あれはオリジナル分け株だったのでしょうか。これはメリクロン増殖株でしょうから、やっぱ小さくなるのですかねぇ。花の大きさはあまり変わらないような気がしますが。

あとはそうですねぇ、前回開花後、今回の開花に至るまでは、完熟発酵油粕団子を1粒置いて、水も多めにしてみました。日照も特等席で。あわよくば3輪開花が拝めるか?と少々エロ心を露わにしてしまいましたが、けっきょくはまた2輪でしたねー。でももしかすると、ふくよかな感じに咲いてくれたんではないかなと思っています。そうそう、弱いながらもカトレア的な香りがします。

↓Ceratostema sp. aff. pubescens(C.pubescens ニューヨーク植物園所蔵の干し草標本)  開花その後です。

Ceratostema sp. aff. pubescens

ん?花の下が濡れているような。もしや・・・。花を振るって手のひらに液体を。そして舐めてみると・・・。

!!あまい〜!! というわけで、花から滴り落ちた蜜でした。こりゃたしかにハチドリまっしぐらです。

株や枝をよく観察してみたところ何本もの枝先に蕾ができているのが確認できました。いきなりこんなたくさん、なんなんでしょう。生命の危機を感じてんのかな?

↓5弁花で下から見ると★型。弁先が緑色でテカテカ&うっすら産毛&ぷにぷにする多肉質の花弁。けっこうかわいらしい花ですよ。いかにも熱帯!的な雰囲気もとてもよいです。

Ceratostema sp. aff. pubescens

咲きました6月第3週版

今年も咲きました。Ceratostema sp. aff. pubescens(C.pubescens ニューヨーク植物園所蔵の干し草標本)

Ceratostemma sp. aff. pubescens

10号鉢植えですが、イモが太ってきていてそろそろ植え替えたい気分。次は平鉢12号ぐらいでしょうか。。。

今年はしっかり花の弁先が開いています!昨年は8月に蕾が色づいたのですが、弁先が開かないまま花が落ちてしまいました。もしかすると暑さに弱いのかもしれません。自生地を考えるにそりゃそうだろうなぁ。というわけでまずは↑写真のように、鉢に白いビニール袋をかけて、太陽光が直接当たっても鉢内の温度が上がりにくいようにしてみました。

Ceratostema sp. aff. pubescens

ここ1年ほど新しい枝が吹いてきていないので、ちょっと心配。根詰まりしてるような気がします。でも塊根は、表皮にヒビ模様が入るぐらい旺盛な成長っぷり。

↓Laelia purpurata forma.alba 'Eliaz'?  'Eliaz Jr.'??  'Elias'???

Laelia purpurata forma. alba 'Elias'?

なぜ”???”なのかというと、値札には「Laelia purpurata f.alba 'Eliaz'」と書いてあったから。”z”にはダッシュがついていたから明らかに”s”ではなかった!お店の人に「エリアス?」てきいても「エリア・・・ス?ズ?うーん。」て感じだったし笑

しかも、帰宅してから鉢に刺さっていたラベルをよーく見たら、「C. lobata f.alba 'Eliaz Jr.'」って書いてありました・・・。いったいどれがホントの名前かわからない、という。Eliasのセルフ実生選抜とか、そんな感じなんですかね?と勝手に想像してますが、なにか情報お持ちのかたいらっしゃいましたら、ぜひご教授くださいませ。

2014年の2月頃に入手した”はじめての”パープラタ。冬に成長するので、室内ではとにかく日当たり重視で、うちにある植物でどれよりも窓際に近いポジションをキープしてました。その甲斐あってか、今年は1花茎に6輪がつきました。一番下の花はNS15X15cmほど、一番上の少し小さめの花はNS13X14ほど。鉢のふちを乗り上げはじめているので、今年の秋は株分け予定です。 

↓9弁咲きとなったハイビスカス、タヒチアン・プリンセス

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

雌しべは、長さが足りずに雄しべの蕊柱ストローから出て来られなかったようです笑。ストローの先端から中をのぞくと雌しべが見えます。なんとなく、2つの花が1つに合体してしまったようなつくりに見えます。それにしても大きな花です。

 

本日の作業

新入りビカクのバッセイ(P. vassei = P. alcicorne Madagascar form)と、ウィリンキー'Rboonchom'子株を板付しました。↓ 右側がバッセイ。根がとても少なくなってしまっていたのでどうですかねぇ。うまく着いてくれるといいんですが。

Platycerium vassei

「アルシコルネのマダガスカルタイプ」と呼ばれているものが他に2タイプぐらいあると思うのですが、この株の親の写真を見たところ、元祖vassei(=P.alcicorne Madagascar formと呼ばれるなかで一番古いタイプ)だったので、なんとかがんばって調子良くなってほしいところ。 左側のはアフリカンオディッティー。先日株分けしてから貯水葉がだいぶ大きくなりました。こちらはもう大丈夫でしょう。

vasseiのほうのミズゴケは板付直後でしっかり水分を含んでいるので色が暗いです。アフオのミズゴケは水分が減ってきているので色が明るいですね。水が切れるともっと白っぽくなります。ミズゴケは色の変化で水分量の見当をつけることができます。

↓は Platycerium willinckii cv. 'Rboonchom'の子株。左下のちょっと裏側のところにも一芽ついてます。

Platycerium willinckii cv. 'Boonchom'

群生親株のヘゴ板の後ろまで子株が吹いて排水が悪くなってきていたので、余分な子株を取り除いたものです。秋の貯水葉サイクルまでビニール紐は見えたままですね~。

ーーーーー以下、その他

↓ ハイビスカス・タヒチアンプリンセスの蕾

ハイビスカス・タヒチアンプリンセス

よくみると、花弁が8枚です!!小さな蕾のころから形が米俵状に横に長めだったので、なんで横長?と思ってたんです。どんなふうに咲くんでしょうかね。今週末辺りの開花かなと思うのですが、楽しみです。

↓朝顔の苗

東山?、月夜野、浅黄の園

右側から順に、(たぶん)東山、月夜野、浅黄の園です。東山と浅黄の園は2011年に自家受粉で自宅で採種したもので、月夜野は今年新たに入手したものです。月夜野もたぶん自家受粉種じゃないかと思います。最近知ったんですが、自家受粉を繰り返すと次第に花が小さくなる、ということで、なんだか朝顔も”難しい”なぁって思った次第。

久々に花を見たくなったので、今回種まきとあいなりました。が、前回はハダニが超絶大量発生して、それが恐怖でしばらく朝顔はやってなかったんですよね〜。今回もまたハダニがひどくなるようなら、来年以降は朝顔はしばらくおやすみかな〜?

 

咲いてますよ

大好きなデンドロ、アグレガタムが咲いています。朝5時前の日差しで、黄色味がとてもきれいに撮れました。

Dendrobium aggregatum

今年は5,6本の房です。素焼き鉢にミズゴケで植えられていたものを、昨年に素焼き平鉢にヘゴチップで植え替えました。毎朝水やりしています。バルブは増えたんですが、いまいち大きなバルブに育たないんですよねぇ。どうしたらいいんでしょ。やっぱ腰水でしょうかね。肥料もあんまりやっていないし、、。

 

咲いてます

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess' ハイビスカス・タヒチアンプリンセス

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

↓朝5時ぐらいの様子。風が強めで花弁が傷み始めていたので室内に一時退避させてました。背の高さが30cmにも満たないような株にこんな大きな花が。↑は10時頃の写真で、風が弱まってきたので元に戻したところ。朝に比べると簿妙に色合いが柔らかくなってますね。花弁もさらに伸びて柔らかくなってます。

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

Hibiscus waimeae subsp. waimeae ハイビスカス・ワイメアエ

Hibiscus waimeae subsp. waimeae

2輪同時に咲きました!

ーーーーー

そして2日目(日曜日)の朝 気分はもうタヒチ。行ったことないけど笑

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

15時頃 花弁がだいぶ脱力してきたうえに風が吹いてきたので、切って茶碗にいれてみました。

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

ハイビスカスすごいなーっ!!

コロナリウム

Platycerium coronarium (Konig) Desv.

朝日に照らされて”金色”のコロナリウム!

これは小型のタイプのコロナリウムでしょうかねぇ。以前に「普通サイズのコロナリウムじゃないとイヤだ」とか言ってたような気がしますが、やっぱり小型のほうがいいですね笑 でもやっぱり普通サイズになるんでしょうか。まだよく分かりません。

Platycerium coronarium

2枚目の胞子葉が出てきたところです。冬の間は水を切らし気味にしていたせいか、1枚目の胞子葉、最近の貯水葉は小さめです。 

Platycerium coronarium

 ↓ハイビ。タヒチアン・プリンセスが咲きそう。

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

新入り&リセット

新メンバーです。ハワイ由来のビフルカツム系ビカクシダを友人より頂きました。

Platycerium from HAWAII

どんな姿に育つか、楽しみです。

↓株分け後、着けられ待ちで3週間ぐらい放置されていたレモイネイとアフリカン・オディッティー、、、(もちろん水はやってました)

Platycerium sp. 'African Oddity'

↓レモイネイをリセット(前回リセット)。 ヘゴ板にぐるっと1周ミズゴケを巻いて、レモイネを着けて、吊るさずに鉢に挿してます。レモイネがぐるっと取り囲むように群生してくれることを期待。

Platycerium veitchii 'Lemoinei'

↓アフリカン・オディッティもリセット(前回リセット関連(リセット自体は2012年ぽい))。

Platycerium sp. 'African Oddity'

分けた株をずーっと放置してるの、見るたびにストレス感じてましたけど、やっと板について気分がスッキリしました(笑

あ、ワイメアエも咲いてた。

Hibiscus waimeae subsp. waimeae

クアドリと謎ビカク

今年は貯水葉がいじけてしまいました orz

Platycerium quadridichotomum

なぞの前葉体から謎ビカク。すっかり大きくなりました。前葉体から胞子体が出はじめてちょうど1年ぐらい。昨年の様子は「 Platycerium quadridichotomum」の最後の写真にあります。勝手に生えてくるビカクは強いですね〜

ところで、このビカク、葉脈や胞子葉からしてクアドリではなさそう?ワリチーかアンゴレンセのように思います。ワリチーかな?

P. quadridichotomum & sporeling unknown platy

 ↓新たな子株が吹いてきてます。バックアップは心配なさそう。

P. quadridichotomum

 

コンテンツの配信