自宅

自宅

おお。夏の写真。

左隅にタマちゃんのおうちらしきものが見えてますね!

それはともかく・・・mixiで聞いてもコメントをいただけなかったので、よかったら教えてください。

 室内でこのくらいの大株だと、水遣りはどうしてるんですか?やはり風呂場にもちこんで、とかでしょうか。

それにしても子株もついて立派ですねぇ。

壁のフックは

ウチのウィンキーも育ち過ぎて この秋は30kgを越えてしまい

室内に取り込む際の壁掛け方法に困ってました。

石膏ボート用強力なものでも一ヶ11kgが限度で壁が壊れたときの

妻の鬼の形相を思うと夜も眠れなくって(笑。

一般的なビス固定フックでも壁面固定は限度が低いですよね

みなさんはどうされてます?

 

ほんと,どうされているんでしょう

写真は,水やり前の比較的軽い状態での撮影.でもフックが取れないかどうか心配でした.

室内栽培の方も多いかと思うのですが,ほんと,みなさんどうされているんでしょうね.

 

石膏安いですよね

僕はまだその心配ないのですが、

その件に関しては、鉄骨の太いのを買ってきて、

コンクリで基礎を作り、太いボルトでつなぎ合わせ

ビカクのために家を造るしかないかなぁと思っています。

僕は隣(家ではない)との塀を利用しています。

懐かしの・・・

スルドイ。たまのおうちです。マルベリーカルシウム置いてあります。
w90xd45xh45なんですが、たまにはちょっと狭いので、もう少し広いのにしてあげようと思っています。w90xd60xh45があったらいいんですけど。

室内のビカクハンギングコーナーに大きなビニールシートを張って( 敷いて)、室内でそのままジョウロで水やりしていました。滴り落ちた水はシートの上で水溜りになりますが(!)、ふきとることもせずそのまんま。うちでは7~10日に1回ぐらいの頻度で水やりしていました。

この話を聞いたり、実際に見たりした人は必ず「カビがひどいでしょ」というのですが、幸か不幸か「風通しのよい部屋」だったので(立て付けが良くなかった)、まったくそんなことはなかったです。 私も健康で居られましたし(笑)。

アンディヌムとウィリンキーは完全据え置きでしたねぇ。水をやるとあまりにも重くなってしまうし、この大きさですからねぇ。アンゴレンセ、コロナリウム(中)、その他の小さいのは据え置きでやったり、風呂場でシャワー浴びせたり。そんな感じでした。据え置きビカクは、一度乾ききってしまったミズゴケが水分を吸収しやすくなるようにまず表面に霧吹きして、それから十分に水がしみこむようゆっくりと、ちょっとずつ何回もみずをかけてあげ。台所と部屋とをジョウロもっていったりきたり。

シートがどんな風に張られていたかはなかなか表現するのが難しいのですが、ギャラリーのウィリンキー、アンゴレンセ、アンディヌムあたりをみると結構写りこんでいると思います。

栽培環境のページも更新しないと。

ありがとうございます

やっぱり手間をかけて地道にあげるのが一番なんですねー。楽はできないかぁ。Undecided

 

w90xd60xh4・・・規格物ではないですねー

やっぱり最後は自作かな。うちはw120xd45xh45です。<チェリーヘッドx2

plattojpさん同様もうすこし幅がほしいですねー。

僕も追加で質問

アンディナムって簡単なんですか?

僕の弱い記憶力ではアンディナムは高山で自生していて

そのため案外寒さに強い そして温度差にもかなり強い だから日本で結構適している様に感じられるんだけど。 なにせアンディナムを育てている人があまりいない・・一言で言えば

けっこういけると思います

比較的丈夫な種ではないかと思っています。

この写真は2006年の(たしか) 夏終わりにとったものなんですが、2006年って夏暑かったんですよねー。でもよく育ちましたよ。風通しが抜群にいい場所(横浜湾岸周辺)だったので、それがよかったのかなぁ?

逆に耐寒性はよくわかりません。低温いけるんでしょうか。うちでは最低12度Cは保つようにしています。

今年の葉っぱの伸び具合を見てると、夏に伸びたのより秋口に伸び始めた葉っぱのほうが大きくなりそうです。いろいろ条件や原因はあるのでしょうけれど、私はこの違いは気温の違いだろうとみています。ちょっと涼しい環境を好むような気がします。洋蘭でいうところの、中温性(Intermediate)~高温性(Hot)に当てはまるかと。

お返事ありがとうございました。

うーむ、つちやさんもハッキリとはわからないところがあるのかー

でも逆にいったらよく分からないのにこれだけ成長したトコをみると結構楽というかやっぱ日本に適応するんだなーって思った。ただこの質問をして1時間後にアンディヌムの詳しい説明を、業者の人にメールで教えてもらったんだけど、現地では300mぐらいの山のところで自生してるってのと、すごくわずかな面積のとこで生きてるって知り、珍品ってのと同時に、やっぱ弱い植物なのかな?ってさっきとは逆に思ったりもしました。マダガスカリエンセも僕の中で弱い植物ってイメージと同時に、現地ですらさほど存在しないって印象があるからです。なんにせよつちやさんのはかなり大きいのでもっと大きくして欲しいです。 あとスタンドを作ってらっしゃるみたいだけど、あれだと①スタンドとビカクシダが触れてしまう ②スタンドが倒れる ③ビカク一つしか掛けれない って思ったんだけど、大丈夫なのかな。 僕は物干し台を使ってるのを見て、それがベターないしベストだと思ってます。それか天井にフックを付け吊す(しかしこれだと30kgとかは無理でしょうね)  ウィンリキーはなんとか外あるいは簡易温室で、アンディーは子株などは株分けしちゃって貯水葉の古いのは整理しちゃうとか冬の前までにはやるしかないのかもしれません、と思っちゃいました。スタンドはもちろん成功して欲しいです。でも今までつちやさんは自分のお部屋が多少狭くなろうともビカクシダの方を尊重してきてらっしゃったので、普通に今年の冬も成長が続けられる状態をお作りになるのでしょう。横浜→現在の所、冬の厳しさ全然違うと思いますがつちやさんのやり方をいつもお手本にしています。頑張って下さい。今年は暖冬だと思ってたんですが去年より寒い気がします。あともう知ってらしゃると思いますが、ドラモンディー落札、僕です。 ヨロシクお願い致します。 

結局

あの物干し台をそのまま室内に取り込みました(笑)

①スタンドとビカクシダが触れてしまう

そうなんです.そこはなんとか工夫しよう,と考えましたが,結局コスト増に.

②スタンドが倒れる

これもそうです.底面を,十文字+四角い枠(囲:みたいな形)にしようかと思ったのですが,これもコスト増.

③ビカク一つしか掛けれない

これはですね,アルミフレームの側面にいろいろ留めることがことができるので何とかなりそうでしたよ.

 

そのうち,室内の惨状 vCoolv をまた掲載すると思います.

 

P.S.

マダは神経使います.丈夫だと思って油断するとだめなタイプ.自分の中では「精神的に疲れる」系の植物に分類されています.面白い植物なんですけどね.

 

うちはワラジムシ...

うちはワラジムシが...屋外では数が減るんですが,室内に取り込むと爆増してしまうんです.冬,部屋に取り込んだほうが穏やかでいい環境なんでしょうかねぇ.まだ緑色の葉っぱの後ろをかじったり.あまりいいことないなぁ.

そういえばこないだ,片肘ついてネットしながら眠りにつこうとしていたら,二の腕をムカデ(10cmぐらい)に噛まれましたYell ビカク格納部屋からはってきたのか? あまりのことに声も出ませんでした.怖.

落ち着いたと思ったら

水きり状態になり重量も若干は軽くなってと安心したのもつかの間

夏に巣くったアリちゃんが散歩するようになりました。

殆どはヘゴ板から出て死んでるんですが、なかには階段を下ってリビングを横断する猛者も