ひまー

ひま〜。5月の気温低かったからか、植物が動き始めんの遅れてる気がするし、見せられるような綺麗なビカク少ないし〜。

さて、これは2009年の2月末に某氏よりいただいたアンスリウム。はっぱが長くて、もっと大きく育つと腹筋みたいにボコボコと凹凸がでてくる。これなんてーの?見ていて飽きないアンスリウム。

アンスリウム

ひとつ葉柄がおれてしまっているのは、冬の間に机の端っこに置いてて、ミズゴケが乾いたときにバランス崩して落っこちたせい。こんなに葉っぱいっぱいついてるのに、2号プラ鉢に植えられてりゃ、そりゃねぇ。

今回は穴開き素焼鉢にしっかりと植え替え。

アンスリウム

性質は超超丈夫。夏季の成長が旺盛なのは言うまでもないけど、冬でも平気で芽を出し葉っぱを伸ばす。室温が高いから耐寒性はいまいちわからないけど、湿度に関してはぜんぜん低湿度でも平気。 良い子よゐこ。

りっぱですね〜

葉っぱの形からはAnthurium schlechtendaliiのように見えますが。うちにも小さい株がありますが、「キジの尾」という別名があるとか。。。ただアンスリウムも品種がたくさんあるのであくまでご参考までに。アンスリウムは低温に弱いといわれていますが、意外に室内でも水分管理さえ注意すれば管理できる気がします。温室に入れるとかえって湿度が高すぎてカビ被害にあってしまいますCry。 

「キジの尾」、そう

「キジの尾」、そういわれてみれば鳥の羽的な葉っぱですね〜。

アンスリウム。。。と聞いてちょっと難しそうと思ってたのに、ぜんぜんそんなことなくて拍子抜けしたり。そうですねぇ、腰水の水がぐんぐんなくなるのを見ると水好きみたいですね。