Cattleya trianae fma. tipo(山木)

ちょっとペース上げてますが、Cattleya trianaeも咲きましたのでアップ。

これは昨年の12月にカトレア練習用にオクで手に入れたものです。はこブーン(←悪い印象しかない)でがっしゃんがっしゃんにシャッフルされて届いて、しかも劣化バークコンポストはびしょ濡れで根が盛大にダメージを受けていたという、ちょっとかわいそうな子だったトリアネさん。今年の春に水苔に植え替えてあげたら頑張って復活してこんなにいい花咲かせてくれました(NS14.5x15.5cm)。

Cattleya trianaei

入手時も花が付いていたのですが、さらによい花となりました。トリアナエは、あまり手の込んだ感じのしないスッキリ(はいそこツッコミ無し)とした大きなサイズのTipoでセパルがピーンと張ってる花が好みなのですが、まさに自分が思い描いていたような花となってとてもうれしいです。ホントにうれしい!

Cattleya trianaei

肥料を全く与えていなかったためか、それとも植え替えのせいなのか、はたまた慎重になりすぎて水が少なくなってしまったせいか、バルブが小さいです。花の大きさよりだいぶ小さいんです。これ、かなり頑張って咲いてると思う、、、。え?もしかして生命の危機を感じて?

株の負担を軽減するために、今週中には切花にしてしまおうと思っています。

来シーズンはちょっと肥料をあげてみようかな〜(悪だくみ)。

ちなみに、下の写真が昨年うちにやってきたときに付いてた花。

届いたときについていた花

この時期でも楽しめるのは良いですね

開花ラッシュですね〜。この時期は観葉植物はひたすら耐える時期なので、開花というアクセントがあるとモチベーション維持にはもってこいですね。はこBOON、ほんと何とかならないもんでしょうか。私も発送・受け取りにつかっていますが、かなり頑丈梱包にしないと鉢物はダメですね。安いのはいいんですが、同じヤマトでも何が違うのか知りたいところです。

この時期に花がある

この時期に花があるというのはいいものですよ〜。間接的に他の観葉植物にも良い影響があるはずです!

ぶーん、数社がからんで伝々というのは聞いたことがありますが、やはりコスト関係が原因なんでしょうかねぇ、、