このサイトでは ウラボシ(Polypodiaceae)科 プラティケリウム(Platycerium)属 の植物達をビカクシダと呼んでいます.※ほんとは 和名:ビカクシダ=Platycerium bifurcatum

和名麋角羊歯の名前の由来:
「叉状に裂けた葉形が麋(び)すなわちオオシカの角に似ているから。」(原色牧野植物大図鑑・続編(北隆館))

Platycerium ' Horne's Surprise '

ホーンズ サプライズです。一昨年に500円玉ほどのサイズの苗をゲットしたもの。素焼きの小さな鉢に植えたところ、干からびさせてしまって瀕死の状態にしてしまったり、なんだりかんだりしながら、なんとかこのサイズに。

Platycerium Horne's Surprise

金色のぞうさん

前回伸びた貯水葉の急速な枯れこみ。朝日に照らされて金色(はおおげさ)に。というか、これ、写真で露光時間長めだからこう見えるわけで、肉眼で見たら普通の色。

やっぱり暖かい地域だと活動はじまりが早めだなぁ。実家と比べるとちょうど1ヶ月ぐらい違う。ぞうさんのシーズンはじまりも1ヶ月ぐらい早いと思う。

Platycerium elephantotis

そてつ

自分にしては珍しく種から育てた植物。

5個播いて、1個腐って4つ発芽して、1株は友達にあげて、1株は枯らして、残った2株。 大きいほうは胸元ぐらいの高さにまで成長。

Cycas multipinnata

いまいち性格の読めないビカク

今朝のワリチーさん。朝日を背にして葉脈くっきり。貯水葉が固まって、今度は胞子葉が成長中。

Platycerium wallichii

昔の遊び場

先週末、帰省。したらば「日曜日は山道の清掃(地区の住民総出の共同作業)がある」と急な話しでちょっとお手伝いに。今年はスコップ班(昨年は草刈班)。側溝に溜まった腐葉土を外に出すという作業。たまの力仕事でまぁいい気分転換になったかなー。

で、帰ってきてから写真撮影に改めてお出かけ。

白い。けど

Platycerium 'Lemoinei' ビーチー×ウィリンキーとか言われているレモイネイです。

けっこう白くてきれい。

なんだけど、葉っぱがちょっと長い。いま写真に写っているぐらいの長さで収まればちょうどいいのだけれども、この後いがいと葉っぱが伸びる。昨年よりは日が強い環境だからちょっと詰まっている気がするけど。。。いや甘いな。伸びるな。

lemoinei

リドレイ

今週は長かったー&寝不足で目の下がはれている。。。

梅雨明けしていきなり気温上昇。風強し。湿度低下。クアドリさんの新しい葉っぱの葉先が痛んだ。ショック。朝晩は霧吹きするようになりました。夏なんだな~。冷夏にならないかな。

で、今朝は点検がてらリドレイを撮影。手の届きにくい場所にあるために、今シーズンはあまり写真とっていないリドレイ。よくみてみたらけっこういい感じの葉っぱの広がり具合になってた。

Platycerium ridleyi

赤外線ビカク

赤外線でみたビカクシダ。曇天なのでいまいち。

Platycerium in Infrared

コンテンツの配信