このサイトでは ウラボシ(Polypodiaceae)科 プラティケリウム(Platycerium)属 の植物達をビカクシダと呼んでいます.※ほんとは 和名:ビカクシダ=Platycerium bifurcatum

和名麋角羊歯の名前の由来:
「叉状に裂けた葉形が麋(び)すなわちオオシカの角に似ているから。」(原色牧野植物大図鑑・続編(北隆館))

板付け替え2種

というとなにか検定試験のグレードのようなかんじもしますが、そうではなく P. 'African oddity' と P.hillii系'強フリルビカク' 2種類のビカクシダの板の付け替えです。

Africa oddity

この2種類はもともと合板につけられていたのですが、頻繁な水やりのせいか合板が腐ってきて、もうすごい腐朽菌の巣窟になっていて、冬になっても室内に取り込みたくない雰囲気となっていました。

Dendrobium nobile いくつか

ちょっとまえまでデンドロのノビル達が花盛りでした。 肥料とかあまりやらないせいか花つきは満足いくほどのものではないのですが、可憐に咲くデンドロの花はやっぱ好き。

ぞうさん

ぞうみみビカクの今朝のお姿です。

すっかり群生に、いい感じになってきました。前回群生時にはカイガラムシがたくさん付いていたこともあり、「手に負えん!」と株分けしてしまいましたが 、今回はこのまま育ててあげる予定。

今日は暑かった

土曜日は暑かったですねぇ。だがしかしその時、自分の体には大変な異変が起こりつつあったのです。。。 

 in the room

すっかりダンボールの上が定位置風情のウィリンキーと、その他もろもろが背景に。天気がよくて気温も高く、窓を全開にしてよい空気を室内に取り込むことが出来ました。気分爽快でしたね。

真ん中辺りに写っているマシーンは加湿器。あまりの低湿度に耐え切れずに1月ほど前に購入したものです。効果のほどは「ぼちぼち」。どうしても湿度が下がってしまうようで、ずーっとフルで加湿動作しっぱなし。運転音がうるさい!

ビカク近況

2月13日記

写真だけ先に投稿してからはや1ヶ月。あぁ。ぁ。ぁあ、引越しの後処理後手続きなんやかんやがなかなか落ち着かず。しかも植物の水やりのペースもいまいちなじめず。早く落ち着きたいー。はやく週末は自宅でのんびりしたいー。です。たぶん年度内いっぱいは無理Cry

今度の部屋では「ビニールシートを敷いて室内でざぶざぶ水やり」という気にならないので、なんかちんまりとビカクが収まっている感じになっています。ホームセンターで買ってきた台車(ウレタン塗装!!)にワイヤネットを取り付け、可動式ビカクラックに! インテリア調とは程遠いですが、以前に比べればだいぶ「普通」になりました(笑)。

あけおめです

あけましておめでとうございます.今年もよろしくお願いいたしますWink

今年の抱負 「積極的なブログ書き込みとギャラリーの充実」,とか.

毎年抱負を宣言しても実現できていないので,「あっそ」的な程度でよろしくお願いします!

2008年のナンバーワン! ブルーアマリリス

だいぶ前の出来事ですが、ブルーアマリリス こと Worsleya rayneri(ウォルスレヤ・レイネリ) が咲きました!多肉の会の業者巡りバスツアーに参加し、信州のHCガーデンで苗を入手したのは2003年の5月。それから5年で開花。

花がいろいろ

最近花の写真ばかり。今年はよく花が咲きました。「いっせいに」ではありませんが、あっちでぽつん、こっちでぽつんといった感じで。

シロスジアマリリス  ラッパ咲きなのがいいですね。コレ系の咲き方するヒッペアストラムが気になります。

 

コンテンツの配信