Sinningia speciosa

Sinningia speciosaグロキシニアの原種なんだそう。ってちょっとおかしいか。
Sinningia speciosaの園芸種がグロキシニアなんだそう。へぇ~

左、Sinningia speciosa 'Carangola'今春導入。

中、Sinningia speciosa 'Carangola'いただきもの。

右、Sinningia speciosa 'Regina'?これもいただきもの。

すくすくとよく育つ新鮮な緑がきもちいいですー。 Sinningia speciosa

冬に乾燥させすぎました

今朝のクアドリさんです。昨冬は室内の乾燥が超激しく、干からびさせまくりで「もしかしたら枯れちゃうかもなー」と心配していたのですが、なんとか順調に回復してくれました。あー、それにしても貯水葉が貧弱です。残念。冬の間もある程度のお湿りを確保したほうが調子がよいようです。

Platycerium quadridichotomum

リラックス

 

グレ鯖オス1歳。

痛いので爪立てないでください。

アンディヌム復活の兆し

昨冬12月に分けた子株。しばらく受け皿に腰水で放置していたのですが、さすがにかわいそうになってきて板につけてあげたのが3月中旬。なかなか芽に動きが見られないなと心配していたところ、ようやく5月ごろから活動再開。 下の写真は、昨夏の親株の様子。貯水葉1m。

板付け替え2種

というとなにか検定試験のグレードのようなかんじもしますが、そうではなく P. 'African oddity' と P.hillii系'強フリルビカク' 2種類のビカクシダの板の付け替えです。

Africa oddity

この2種類はもともと合板につけられていたのですが、頻繁な水やりのせいか合板が腐ってきて、もうすごい腐朽菌の巣窟になっていて、冬になっても室内に取り込みたくない雰囲気となっていました。

コンテンツの配信