ビカクシダの株分け

株分けビフルその後

8月下旬に株分けしたビフルカツムです。10月中旬より、室内のフレームの中でぬくぬくとごきげんのようす。

Platycerium bifurcatum div

株分けしたときに出てきていた小さな貯水葉はすっかり大きくなりました。

Platycerium bifurcatum div

2枚目の貯水葉、新しい胞子葉も伸びできました。このまま勢い良く成長すれば来春には子株の発生も期待できます。

リセット!完

リセット!の続きです。結果からいうと、

Platycerium bifurcatum 株分け

Platycerium bifurcatum 株分け

2つできました。大きい株は素焼き皿に着け、小さい方はヘゴ板に。素焼き皿はほんとはアンゴレンセを着けようと思ってストックしていたものですが、急遽予定変更。ヘゴ板は、親がついていた板を再利用。

作業詳細は以下に。

アンタッチャブル クアドリさん

なんとなく思いたって株分けしてみました。3度目のトライ。

Platycerium quadridichotomum pup

プラ鉢の縁がカットしてあるのはなぜか?  なんとなく、、ですw

Platycerium quadridichotomum pup

ここからとりました。1週間ほど前からちょっとずつ切れ込みを入れたりして剥がす準備をしていましたが、グルッと周辺部の水苔に切れ込みを入れても無事に水があがっている様子だったので、思い切って切り離してみたわけで、そのまま勢いで鉢上げ。

Platycerium quadridichotomum pup

今回は板には付けずに鉢にあげました。板と比べて根本の水分の様子はだいぶ違うはず。

これでうまくいくかなー。うまくいってほしー(祈)。

 

レモイネイ

昨冬に群生大株リセットしたレモイネさんです。だいぶ復活してきました。

レモイネイ

リセット前の大株は直射光に当てていましたが、今シーズン、この子株は木漏れ日程度の光量下に置いています。やはり少し緑色が強いでしょうか。そのかわり、ストレスフリーでとても健やかに育っているように思います。

板のサイズが小さいため水苔が乾燥しやすく、乾湿のメリハリはよいです。

子株が吹いて群生になってくれるのが待ち遠しいです〜。がんばれー

レモイネイRESET

レモイネイの群生株をリセットしました。2008年のリセットから3年目。成長旺盛。

Platycerium veitchii var. Lemoinei

ウィリンキーもリセット

ウィリンキーもリセットしましたよ。今の栽培環境では満足に葉っぱを伸ばしてあげることができなくて綺麗には育っておらず、ブログへの登場回数もグンと減ってしまっていたのですが、しっかり育っていることは育っていたんです。うーん、やはり暖かい地域だと大きくなりますね(猛暑とは別の話)。

Platycerium willinckii

2回目リセット

象さんをリセットしました。数週間前に子株を整理したばかりなんですが、やはり親株の勢いが弱ってきたこと、栽培スペースにゆとりがなくなってきたことを理由に株を整理しました。Platycerium elephantotis

セレベス付け直し

わりとちっさいビカクシダ、’Celebes’。

茎が伸びる速さがはやいのか、もともとつけていた板が小さかったからか、窮屈そうに見えたんで板つけなおし。だいぶゆとりある様になった。

Platycerium 'Celebes'

コンテンツの配信