Platycerium willinckii

夏の昼下がり(ちょい遅め)

あぁぁぁ。気だるい夏の昼下がり。徒然なるままに、、、

Life with Platycerium, willinckii

長尺系ビカクは結局このシーズンを室内で過ごしています。ウィリンキーは水をやるときと水をやった後の1,2日は外にぶら下がっています。アンディヌムと垂れ下がりアンスリウムは水やり時のみ外であとはずっと室内。

日中不在時は防犯のために窓は閉めきっています。これで最高室温は30〜33度Cです。室温が高く空気がよどんでしまっていてはビカクのために良くないと思うので、日中は扇風機で風を送っています。夜になると扇風機は私のものになってしまうのですが。ビカク専用の扇風機を買ってあげようかな?

Platycerium willinckii cv. Rboonchom

ギザギザ切れ込みが深い貯水葉に少し細めで繊細な胞子葉。全体的にみてバランスがいいですよねぇ〜。うつくしいです。

Platycerium willinckii cv. Rboonchom

ウィリンキーなので丈夫だし、子株がよくでてすぐ増える。とってもすばらしいビカクだと思います。

あ、ちょっと肥料が足りないかなぁ、、。

Will-And-Will

真ん中アンディヌム、左右ウィリンキー。

Platycerium andinum, Platycerium willnckii

コンテンツの配信