栽培環境

密着生活

11月7日の夜にビカクシダを取り込みました。昨年と一昨年のビカクタワーはビニールで覆ったわりとクローズな環境で管理していましたが、今年はおなじタワーでも開放型にしてみました。こっちのほうが目が行き届く感じです。湿度は大変な低湿度になりますが、こまめに世話すればまぁなんとかなるレベル。

ビカクタワーVer2

もう少し寒くなっても大丈夫な雑多系の植物などはまだ外にいてもらいます。耐寒性のあるビフルカツム、ヒリーの系は今年も屋外越冬の予定です。

4月中旬ぐらいまで5ヶ月間にもおよぶコヤツらとの密着生活の始まり。ちょっとストレスw(了)

 

取り込みました

ロウキー襲来に備えてすべての植物を室内に取り込み完了。

ビカクシダ 室内取り込み

今シーズンはこれで3回目の取り込み。ちょっと疲れる。。(了)

Life with Platycerium #20110324

リドレイに水やり。

Life with Platycerium 20110324冬の間の水やり風景。・・・厳密には違うか。一緒に浴室に入って、まず最初にリドレイさんにシャワーを浴びさせます。そしたら壁に立てかけてあげて自分は湯船にはいる、と。それでこんどは自分がからだを洗うのに泡がかからないよう、洗面台のほうに退避させたその様子。という図。

ビカクタワー2010

今年もビカクタワーが出現!
天井枠、底面枠、側面枠にバラして物置部屋にOFF状態になっていたタワーを組み上げたのは10月25日夜。翌早朝に、予め購入済みだった「フラワーハウス小春A-4型替ビニール」をほっかぶせ&底面にダイソーで買った大きなゴミ袋を2重に敷いて養生テーブで全体の形をうまく整え、ぎりぎり家出る前には出来上がり。夜帰ってきてビカク収納完了したというわけです。この日は「こがらし1号」とか「寒波到来」とかでいきなりの激さむの日でした。

ビカクタワー

トリミング

ビカクの葉っぱ切ったった。イジメてるわけじゃないよw 葉っぱが繁りすぎると風通し悪くなるし、そうところにカイガラムシが発生しやすかったりするし、毎年行っている作業。

Part1
trimming

コンテンツの配信