栽培環境

植物箱2012

温度と湿度を確保するための自作ワーディアンケース、今年も出ました。昨年は既製品のメタルラックを使っていましたが錆がでてちょっと・・・なので、今年はアルミフレーム製完全オリジナル仕様となりました。旧ビカクタワーの部材で余って使っていないものがあったので、それを再利用しています。メタルラックは錆びてはいますがラックとして本来の(?)使われ方をしています。

フレーム枠の大きさは、だいたい幅80㎝奥行75㎝高さ90㎝(床から棚面まで約20㎝(高さ70㎝ほどの内容空間となります))。フレームの上から、”業務用ポリ袋クリア 90L”を切り裂いてシート状にしたものをかけています。結露対策として、箱全体を車用品の大きな防水トレイの上に置いています。上部にLED電球2つ(火災に注意し自己責任の下)設置。背面には光を反射するための銀屏風も。銀屏風は光を集めるため半円状に湾曲していますが、焦点が合うほど正確な曲面ではないので、きっと火事の心配はないかな?と。

アキバで買ってきた12VDCファン(バルク)を6VACアダプタ使って弱めに駆動し(5Vだと回らない)、中の空気を24時間撹拌しています。 床面(植物棚の下)には水を張ったトレイが置いてあって、ファンはすぐ側に設置しています。風が水面を伝って水分を帯びたあとで全体に回るような仕掛けです。

栽培環境(日射有り)

今頃だと晴天時は6時半から11時半ぐらいまで↑こんな感じです。自然光+LED電球でけっこうまぶしいです。直射日光が当たった密閉ケース内は温度が40度C ぐらいに上がってしまうので、部屋の窓ガラスに不織布を単に張り日光を柔らかくしたうえ、銀屏風側のシートはまくり上げ固定で熱気を逃すようにしています。銀屏風をどのぐらい離して置くかによってもケース内温度が変わるので、高くても30度C前後になるように調整しています。湿度はケース内最高温度時に20%前後、25度Cぐらいのときに50%前後ぐらいでしょうか。

台風17号対策

台風17号に伴う強風対策で、すべての植物を室内に取り込みました。

台風17号対策

今年3回目の取り込みです。天気が崩れ始めるのは明日の午後からのようなのですが、念のため早めに。

どうしましょうね

ふぃ〜。室内組。

Platycerium in room

遮光ネットはじめました

ここに越してきてから初の遮光ネット設置。主にカトレヤ向けです。市松模様(遮光率50%?)を90cm✕60cmのネットパネルに張って、それをベランダ手すりから物干し竿に斜めに掛けている感じです。

遮光ネット設置

今日はほとんど自宅に居たので日射部の動きを観察していましたが、なかなかよい感じでした。もっと遮光率低くてもいいかなとおもってますが、まぁとりあえずこんなもんで。 (了)

冬のダメージ

2011−2012冬の寒さがやっぱり深刻でした。といっても、選抜がすすんだっぽいものとかだけ。ヒリー、ビフルのスタンダート的なものはまったくダメージ無しでした。

cold damaged platy

LEDはじめました。

じつは最近ですね、カトレヤが増えてきています。でも今の季節は日照不足が心配で。そこでLED電照栽培を試してみることにしました。下写真2枚。

GrassyLeDio27 Purple

密着生活

11月7日の夜にビカクシダを取り込みました。昨年と一昨年のビカクタワーはビニールで覆ったわりとクローズな環境で管理していましたが、今年はおなじタワーでも開放型にしてみました。こっちのほうが目が行き届く感じです。湿度は大変な低湿度になりますが、こまめに世話すればまぁなんとかなるレベル。

ビカクタワーVer2

もう少し寒くなっても大丈夫な雑多系の植物などはまだ外にいてもらいます。耐寒性のあるビフルカツム、ヒリーの系は今年も屋外越冬の予定です。

4月中旬ぐらいまで5ヶ月間にもおよぶコヤツらとの密着生活の始まり。ちょっとストレスw(了)

 

取り込みました

ロウキー襲来に備えてすべての植物を室内に取り込み完了。

ビカクシダ 室内取り込み

今シーズンはこれで3回目の取り込み。ちょっと疲れる。。(了)

コンテンツの配信