そのほかの植物

Xerophyta, flowering 2012

Xerophyta sp. aff.dasylirioides が今シーズンも開花。蕾が見当たらないのに芽が2つに割れ始めていたので、花が咲かないこともあるんだー、などと思っていたらやっぱ咲きましたw

Xerophyta sp. aff.dasylirioides

Worsleya rayneri, flowering 2012

今年の2月に咲いたの、載せるの忘れてた、、。湿度が超絶低い環境だったのですぐに花は生気を失ってしまいまいたが、今回もよく咲いてくれました。寒くても(5〜10度C)冬は越せますが、あまり寒くしない(12〜15度C)ほうが花が咲くような気がします。けど、温度高すぎたからこんな時期に咲いてしまったのですかねぇ?

Worsleya rayneri

LEDはじめました。

じつは最近ですね、カトレヤが増えてきています。でも今の季節は日照不足が心配で。そこでLED電照栽培を試してみることにしました。下写真2枚。

GrassyLeDio27 Purple

密着生活

11月7日の夜にビカクシダを取り込みました。昨年と一昨年のビカクタワーはビニールで覆ったわりとクローズな環境で管理していましたが、今年はおなじタワーでも開放型にしてみました。こっちのほうが目が行き届く感じです。湿度は大変な低湿度になりますが、こまめに世話すればまぁなんとかなるレベル。

ビカクタワーVer2

もう少し寒くなっても大丈夫な雑多系の植物などはまだ外にいてもらいます。耐寒性のあるビフルカツム、ヒリーの系は今年も屋外越冬の予定です。

4月中旬ぐらいまで5ヶ月間にもおよぶコヤツらとの密着生活の始まり。ちょっとストレスw(了)

 

これは種から育てた朝顔

これがうわさのひょろひょろの朝顔。青いのが「浅黄の園」で2枚目写真の濃いピンクのが「東山」。「夕月?」と「江戸むらさき?」もあいかわらず毎日咲いてますー。

株は貧弱ですが、花つきはとてもいいですw せめて種だけでも出来ればいいのですが。。。まだ種がつきません。みんな黄色くなって落ちてしまうのです涙 1枚目の写真はマウスカーソルを重ねると微妙に異なった角度からの写真に切り替わります。マウスカーソルを重ねて外してを激しく繰り返すと3Dっぽくみえますよw

浅黄の園

Xerophyta sp. aff.dasylirioides

マダガスカルからきたベロジアさん。うちに来てからたぶんちょうど10年。

最近は毎年春先に花が咲いています。花が咲くと枝分かれするので、花の数が倍倍倍・・・と増えていってさぞかし見事なものになるだろうなー、と思っていたのですが、どうもそんなうまくはいかないみたいです笑 たしかに花数は増えるんですが、パーッと数十輪が一斉に咲く、というところまでにはいたっておりません。今年は花の写真はほとんど撮らなかったですねぇ。。。Xerophyta sp. aff.dasylirioides

HDRなベランダジャングル

ついにコンデジ買い替えました!これまで6,7年間 Olympus の CAMEDIA C-750UltraZoom を愛用してきたのですが、数日前に HDR(High Dynamic Resolution) iPhoneアプリ で遊んでいて、こんな面白い機能のあるコンデジがあったら欲しいなと思い、本日のNikon Coolpix P300導入と至ったわけです。

平凡な夕方のベランダジャングル

Olympusのデジカメの自然な発色がすごく好きで、今回もOlympusのカメラにしたかったのですが、自分の求めるようなHDR機能が搭載されていなくて断念しました。いま XZ-1 てのが出てますが、それ。アートフィルタのドラマチックトーンがHDRに近いみたいなんですが、エフェクトのきき具合を弱くしたり調整できたらよかったかなぁ。。。そのほか、パナソニックLUMIX LX5、リコーGR DigitalIII、カシオ EXILIM ZR100, ZR10 を検討して結局はニコンに決めました。

実は、C750UZを買った当時のニコンデジカメ画像の発色があまり好きではなかったことがあって、それ以来ニコンデジカメにあまり興味はなかったのです。でも、今日ふと実物をみて、触って試写して、お茶しながらカタログやらkakaku.comやらflickrを調べているうちに、あぁコレかなw ということになり、かっちゃいましたね〜笑

逆光モードのなかにHDR機能の設定があって、効果のきき具合を3段階で調整できるという優れもの。レンズも明るいし、暗部のノイズもわりと少なめ。動画も1080iに対応してるし。ということで。

新しいおもちゃ、しばらく遊べそう。

朝顔はじめました。

今年はムショーに朝顔の花が見たくなり、日本朝顔の大輪系のを何種類か育てています。今回写真を載せるのは、サカタで「江戸むらさき」「団十郎」として苗が販売されていたものです。が、どうやらどちらもホントの品種名は違うみたいです。でも綺麗な花が咲いてくれればそんなことは気にならなりません!でもやっぱり、青い方は縞柄がきれいな写真をあてにして買ったのでなんか騙された気分がちょっとだけするかな笑

湧き水みたいな感じの青い朝顔

なんでしょう、中心から湧き出てくるような花弁の質感と色合いと。朝顔スゲー!と、瞬間無意識のうちに感動していました(ハハハ)。おそらく前回朝顔を育てたのは小学生の頃なのですが、その時にはきっと気づいていなかったであろう細部のきらめきなんかがとてもきれい。もしかすると、小学生の頃にもそういった細部に気づいて感動していたんだろうけど、そんな感動とかをもう忘れてしまっていたのかも。

初めての茶系朝顔

コンテンツの配信