ビカクシダ

謎ビカクは象さん?

7月下旬に鉢上げした「謎の子ビカク」その後のお姿です。

ビカクシダ正体不明

2株あったうちの片方は、鉢上げ後しばらくしてから次第に水が下がり、結局枯れてしまいました。でも生き残ったこの株はぐんぐん育ってます!このビカクの履歴をたどると、古い順に:

2013夏胞子まき ->  2014年4月28日 -> 2015年5月24日 -> 2015年7月26日

ぽいんですが・・・、2014年4月28日で「昨年夏、水苔になにかの胞子を塗りたくった覚えがある云々」言ってはいますが、でも2013年夏はクアドリは棒に付いていないことがわかり、なにがどうなってんのかさっぱり(´-ω-`)困

ビカクシダ正体不明

これ、おそらくアンゴレンセだと思います、、、。期待していたワリチーではなさそうで、ちょっと残念。

まだ小さな伸びはじめの胞子葉の縁が黒っぽいのがわかると思いますが、これは黒っぽい毛の密度が高いからです。アンゴレンセの伸びはじめの貯水葉の縁はこんな感じです。ワリチーは伸びはじめの貯水葉の縁に黒い毛は生えていなかったように思います。でも、もしかしたら生えていたかも・・・。自信なし。

ビカクシダ正体不明

↑こちら後ろからのお姿。貯水葉がぜんぜん貯水できなさそうな葉の生え方(笑)

↓クアドリさん、やっと肩の荷を下ろせた、と思っていたら、また新たな実生苗が育ってきています。これもおそらくアンゴレンセでしょう。

ビカクシダ正体不明

胞子体出たて、みたいなのがまたこんなにたくさん出てきています。

ビカクシダ正体不明

来年の夏にまた荷降ろししてあげましょう。

ところで、ビカク・カトレヤ半共用ビニールフレームについて以前にアップしましたが、本日、新たなビニールフレームを追加し、結局別々に分けました。もう、見ていて窮屈そうで、こちらもストレス感じてきてしまうので。

で、引っ越し途中でとったカトレア写真をおまけで。 Cattleya Hawaiian Jewel。

Cattuleya Hawaiian Jewel 'Fuji'

 

室内はおだやか。

晴れの日の朝。日差しは暖かく、扇風機のつくる微風にゆらゆらゆれるザミアの葉。はぁ、幸せなひと時。

視線の先

↓リドレイ1号は貯水葉1枚目が伸長中です。そろそろ板の付け替えをしたいと思っているんですが、ここまで伸びてしまうともう手がつけられません。来年の9月ですね。前回、根腐れメンテついでに付け替えたのは2008年夏ですから、もう7年経ったんですねー。

Platycerium ridleyi #1

↓反対側から。これは昨シーズンに成長した葉で、上の方は茶色に枯れ始めています。真ん中辺り、葉脈が茶色に変色しているのは、バケツ風呂の際に擦れた跡です。そろそろバケツ風呂は限界でしょうか。っていうか、大きなバケツを買えばいいのか、、。

Platycerium ridleyi #1

↓昨年の夏に伸びた胞子葉が黄色く色づいてきました。落葉が近いです。右の方の先端が茶色に枯れている葉もそろそろ黄色く変色してくるはず。

Platycerium ridleyi #1

↓リドレイ2号。最近の胞子葉は葉柄が長く伸びるようになってきました。しだいに大人の姿になってきています。ワイドフォーム個体ですが、まだそれほど特徴は出ていないように思います。

Platycerium ridleyi #2

↓2号はこの時期は胞子葉展開です。いま伸びてきているのは2枚目の胞子葉。胞子葉、もう1枚出てきてほしいですが、さて次の葉はどちらになるか。

Platycerium ridleyi #2

↓アンゴレンセは1枚目の胞子葉が大きくなってきました。

Platycerium angolense ( Platycerium elephantotis )

こちらの株も胞子葉展開。

Platycerium angolense ( Platycerium elephantotis )

↓ウィリンキー1号です。9月下旬ごろ(だったかな?)についにリセットしました。豪華な群生からのリセットなので、なんとも貧相に見えて仕方がありません。リセット後の半月ほどは芽も動かなかったので、なかなか愛情が芽生えず。愛情が消えきらない群生株をすぐに処分せず、床に横たえたまま3,4週間ほど置いたままにしていました。分けた株が水を吸いあげないとき(株分け失敗)に再株分けするため、という危機管理的な意味も、あったといえばあったのですが、、。分け株の活動が再開して、なんとか無事に愛情を移行させることができました。

とりあえず活着はしたようですが、新しい葉があまり大きくならないので、まだ根張りが弱いのだろうと思っています。時期的にも、胞子葉の本格展開サイクルではないので、仕方がないと思ってます。

Platycerium willinckii #1

いまのところ無加温で、室温日中最高26度C、昼ごろから室内に日が差さなくなると23度C前後、夜間最低18度Cほど。湿度は、温湿度計では25%前後、加湿器の表示では50〜60%となっています。湿度はどちらの値が正確なのかワカリマセン。加湿器の表示が正しいと期待してます。

室温が高いので、潅水は乾いたらやるの繰り返し。やるときはしっかりと与えます。乾きが鈍くなるので夏ほど頻繁な潅水ではありません。小さな板付けの株などは、空気が乾燥してくると、朝には大丈夫と思っても夕方にはスッカラカンに乾いてしまっていることがあるので、日々のお湿りチェックは欠かすことができません。

空気が乾燥していると、クアドリディコトマムとワリチーは根本の水分が十分でも胞子葉が巻いてしまいがちなので、湿度維持のビニールフレームに入れています。クアドリディコトマムは水あげ&水分蒸散が激しいのか、潅水しても4日ほどでミズゴケがすっかり乾いてしまい、胞子葉がしおれてしまうことがしばしばあります。クアドリディコトマムはミズゴケが乾燥し過ぎないように、ワリチーは胞子葉がしおれ始めてきたら(なんとなく葉が垂れはじめたな、と思ったら)水やり。この2種は胞子葉の展開をできるだけ維持するよう、特別待遇で管理しています。

まだまだ越冬シーズンは始まったばかり。4月まで集中力をきらさないようにしなければ!!

ホルタミィ

Platycerium holttumii Joncheere & Hennipman, 1970

昨年4月に輸入したホルタミー。今年は貯水葉は1枚だけしか出ませんでした、、。もう1,2枚出て欲しかったですけど、なにか条件があるんでしょうか。

Platycerium holttumii

ワイヤーネットのサイズは60x45cm。葉の大きさは昨シーズン成長した葉のサイズを上回って、ほぼ輸出直前の姿に戻ったのではないかと思います。でもまだまだお子様サイズです。環境が良ければ、この3倍ぐらいにはなるはずです。

Platycerium holttumii

ずっと室内に置いていたので、光を求めて葉が前の方にせり出し気味です。

Platycerium holttumii

左側の貯水葉は昨年成長した古い葉です。そろそろ枯れてきそうな気配がします。きっと水を上げ過ぎるといっきに茶色領域が広がるんでしょうね。潅水はすこし控えめにしています。

Platycerium holttumii

 

わっさり

鮮度アップのアンゴレンセ。正面の株が親株です。こちらに向かって伸び始めている貯水葉は5枚目。小さな貯水葉が動き始めているのが6枚目で、おそらく今シーズン最後の貯水葉ではないかと予想しています。

Platycerium angolense

Platycerium angolense

気温が低くなってきて、伸長のスピードは落ちてきています。空気も乾燥してくるし、夏に育った葉に比べるとすこし小さくなるのではないかと思います。

ヘゴ板につけていますが、板のうしろ側には子株が無数に吹いています。宙吊りにして育てるとアンゴレ玉ができそうですが、さすがにうちではそれはムリ。室内に取り込むときに除去してしまいます。

 

8月終わりそう

昨年、コロナリウムの朝露について書いたことがありましたが、今年もまた貯水葉に朝露が出ています。このところ曇天が続いて湿度が高めのせいもあるんでしょう。ともかく、根っこが元気な証拠でなによりです。↓分かりにくいですが、先端の方をよ〜く見ると、透明な水滴がいくつかついているのがかろうじて写っています。

ビカクシダの朝露

左はアンゴレンセの葉ですが、こちらではめだって朝露がついていたことがある記憶がありません。種類によってもお露のつきやすさが異なるのでしょうね。

↓アンゴレンセ。前回のリセットからちょうど5年が経とうとしています。

ビカクシダ アンゴレンセ

今年は貯水葉の動き始めが早め(5月だったかな?)のような気がして、初夏にかけて盛大に成長するかもと予想していたのですが、その予想は見事に裏切られ、ようやく今頃の時期になって貯水葉が茂ってきました。結局昨年とおなじようなペース配分。真ん中の親株のこちら側の貯水葉は3枚目。向こう側に伸びはじめている貯水葉が4枚目。さらに1,2枚貯水葉がでると思いますが、全部完成すればかなりにぎやかな感じになるでしょうね。無事に育ってくれることを期待。ベランダでの配置や、株の大きさのため、全体の姿を正面から写真に収めることができない状態なのがちょっと残念です。

コンテンツの配信