ビカクシダ

室内組ビカク

2015年初夏のビカクシダハンガー。ビカクがでかくてベランダに置けないので、こうやって通年室内栽培です。ホルタミーは、まだ小さい今のうちに外を経験させておいてあげたいです。が、じつはすでにベランダにそのスペースはありません。。うーん、なんとかしてあげようかな、、。

↓こちらウィリンキー面。左が Platycerium willinckii cv. Rboonchom(P.willinckii cv.Bogor X P. sumbawense (=P. willinckii 'Payton'[2]))、右は普通の(?)ウィリンキー。

Platycerium willinckii

貯水葉がしだいにしょぼくれてきてます。特に真正面に付いている株=親株で顕著です。横の方についてる株は子株ですが、こちらではわりと貯水葉は大きく育っています。子株の位置はミズゴケと板との境界付近です。もしかすると水分の量が丁度良いのかもしれません。とすると、親株では水分過多で根が弱っているということなのでしょうか。着けてから3,4年は経つはずなので、そもそもミズゴケが腐っていて根が弱ってしまっているという可能性も考えられそう。リセットしようにも、すでに貯水葉がここまで育ってしまうと手遅れ気味。というわけで、来春はリセットの可能性大。精神衛生的に我慢できない場合は、秋ごろでしょうかね。

↓Platycerium andinum、Platycerium holttumiiの面。

Platycerium andinum, Platycerium holttumii

アンディヌムも親株の貯水葉がしょぼくれてきています。両サイドについてる子株は旺盛な感じがしますねぇ。このひともそろそろリセットしましょうかねぇ。アンディヌムはうちでは秋の成長サイクルが無いので、来春にでも。

ホルタミーはちょっと休憩中です。芽の先端部分を覆う鱗片がすこし緑色をしてきています。もう少しすると新しい成長サイクルが始まって貯水葉が出てくるかもしれません。それにしてもずいぶんと緑々して生命力溢れる様子。見ているこっちまで元気になってくる気がしてしまいます(⇒冬の間に私から吸い取ったオーラを、いま少しずつ返してもらっているところ(笑))。ミズゴケが”けっこう”乾いても、あまりしおれる様子はありません。水やりはすこし控えめにしています。ただし水やるときはたっぷりと。

ビカクハンガーデータ。高さ約180cm。横幅は約80cm。NICのアルミフレーム、4X4cm角型、黒アルマイト処理。

 

本日の作業

新入りビカクのバッセイ(P. vassei = P. alcicorne Madagascar form)と、ウィリンキー'Rboonchom'子株を板付しました。↓ 右側がバッセイ。根がとても少なくなってしまっていたのでどうですかねぇ。うまく着いてくれるといいんですが。

Platycerium vassei

「アルシコルネのマダガスカルタイプ」と呼ばれているものが他に2タイプぐらいあると思うのですが、この株の親の写真を見たところ、元祖vassei(=P.alcicorne Madagascar formと呼ばれるなかで一番古いタイプ)だったので、なんとかがんばって調子良くなってほしいところ。 左側のはアフリカンオディッティー。先日株分けしてから貯水葉がだいぶ大きくなりました。こちらはもう大丈夫でしょう。

vasseiのほうのミズゴケは板付直後でしっかり水分を含んでいるので色が暗いです。アフオのミズゴケは水分が減ってきているので色が明るいですね。水が切れるともっと白っぽくなります。ミズゴケは色の変化で水分量の見当をつけることができます。

↓は Platycerium willinckii cv. 'Rboonchom'の子株。左下のちょっと裏側のところにも一芽ついてます。

Platycerium willinckii cv. 'Boonchom'

群生親株のヘゴ板の後ろまで子株が吹いて排水が悪くなってきていたので、余分な子株を取り除いたものです。秋の貯水葉サイクルまでビニール紐は見えたままですね~。

ーーーーー以下、その他

↓ ハイビスカス・タヒチアンプリンセスの蕾

ハイビスカス・タヒチアンプリンセス

よくみると、花弁が8枚です!!小さな蕾のころから形が米俵状に横に長めだったので、なんで横長?と思ってたんです。どんなふうに咲くんでしょうかね。今週末辺りの開花かなと思うのですが、楽しみです。

↓朝顔の苗

東山?、月夜野、浅黄の園

右側から順に、(たぶん)東山、月夜野、浅黄の園です。東山と浅黄の園は2011年に自家受粉で自宅で採種したもので、月夜野は今年新たに入手したものです。月夜野もたぶん自家受粉種じゃないかと思います。最近知ったんですが、自家受粉を繰り返すと次第に花が小さくなる、ということで、なんだか朝顔も”難しい”なぁって思った次第。

久々に花を見たくなったので、今回種まきとあいなりました。が、前回はハダニが超絶大量発生して、それが恐怖でしばらく朝顔はやってなかったんですよね〜。今回もまたハダニがひどくなるようなら、来年以降は朝顔はしばらくおやすみかな〜?

 

コロナリウム

Platycerium coronarium (Konig) Desv.

朝日に照らされて”金色”のコロナリウム!

これは小型のタイプのコロナリウムでしょうかねぇ。以前に「普通サイズのコロナリウムじゃないとイヤだ」とか言ってたような気がしますが、やっぱり小型のほうがいいですね笑 でもやっぱり普通サイズになるんでしょうか。まだよく分かりません。

Platycerium coronarium

2枚目の胞子葉が出てきたところです。冬の間は水を切らし気味にしていたせいか、1枚目の胞子葉、最近の貯水葉は小さめです。 

Platycerium coronarium

 ↓ハイビ。タヒチアン・プリンセスが咲きそう。

Hibiscus rosa-sinensis 'Tahitian Princess'

新入り&リセット

新メンバーです。ハワイ由来のビフルカツム系ビカクシダを友人より頂きました。

Platycerium from HAWAII

どんな姿に育つか、楽しみです。

↓株分け後、着けられ待ちで3週間ぐらい放置されていたレモイネイとアフリカン・オディッティー、、、(もちろん水はやってました)

Platycerium sp. 'African Oddity'

↓レモイネイをリセット(前回リセット)。 ヘゴ板にぐるっと1周ミズゴケを巻いて、レモイネを着けて、吊るさずに鉢に挿してます。レモイネがぐるっと取り囲むように群生してくれることを期待。

Platycerium veitchii 'Lemoinei'

↓アフリカン・オディッティもリセット(前回リセット関連(リセット自体は2012年ぽい))。

Platycerium sp. 'African Oddity'

分けた株をずーっと放置してるの、見るたびにストレス感じてましたけど、やっと板について気分がスッキリしました(笑

あ、ワイメアエも咲いてた。

Hibiscus waimeae subsp. waimeae

クアドリと謎ビカク

今年は貯水葉がいじけてしまいました orz

Platycerium quadridichotomum

なぞの前葉体から謎ビカク。すっかり大きくなりました。前葉体から胞子体が出はじめてちょうど1年ぐらい。昨年の様子は「 Platycerium quadridichotomum」の最後の写真にあります。勝手に生えてくるビカクは強いですね〜

ところで、このビカク、葉脈や胞子葉からしてクアドリではなさそう?ワリチーかアンゴレンセのように思います。ワリチーかな?

P. quadridichotomum & sporeling unknown platy

 ↓新たな子株が吹いてきてます。バックアップは心配なさそう。

P. quadridichotomum

 

コンテンツの配信