ビカクシダ

リドレイ雨樋仮説

リドレイの水分獲得法とその周辺に関する仮説です(というよりほぼ事実かもです)。

自生状態ではどうやって水を得てるんだろうか、と入浴中のリドレイをしげしげと観察していたところ、突如として理解。

Platycerium ridleyi

まず注目したのは芽の付近の貯水葉の構造。葉柄を下からサポートする襟のような形になってます。雨が降ったらここで雨水回収して水入ってきますよね。そしたら、茎を伝って水分が根元に行き渡りそう。

ふ〜ん、と思いつつ、もう一つの注目ポイントに気付き。特に付け根で顕著ですが、葉柄が雨樋のような形になっているところ!

Platycerium ridleyi, rainwater gutter structure

溝、上向いてるし、これって完璧雨水が伝わる用じゃん、、、。と思って徐々に葉の先の方に目を配らせると・・・

Platycerium ridleyi, rainwater gutter structure

むむっ!!

Platycerium ridleyi, rainwater gutter structure

むむむっ。葉柄を軸にして上向きにまるでロートのようにひろがる葉。

雨水 ⇒ 葉に当たる ⇒ 葉柄に伝わる ⇒ 葉柄の雨樋を伝わり ⇒ 芽の部分(茎の部分)に到着

ぎゃーっ、カンペキ、雨水回収システムじゃんww
リドレイすげー!伊達に葉っぱが上向いてるわけじゃなかったんだ!!
流しソーメンできるじゃん!!!

脳に電撃が走り一気に活性化しました笑(これっていわゆるアハ体験ですよねー)。

 

ということで、リドレイの水やりって、ようするにこういうことではないか、と↓

Platycerium ridleyi, rainwater gutter structure

あぁぁ、そうするといろんなことが理解できてくるような気が。

★リドレイの葉が上向きに育つのは雨水を集めるため。カッコつけてるわけではない。

なんでリドレイの葉はこんなに細かくて上向きなのか、ずーっと意味を探していたのですが、それは雨水を確実に回収するためなんですねー。雨水を回収するんなら、切れ込みのない大きな1枚のシート状の葉のほうがいいじゃないか、と思うかもしれませんが、それだと空気抵抗が大きくて葉がダメージ受けやすいし、強度的にあまり大きな葉にできないし、葉面の温度も上がりやすそうだからきっとダメ。やっぱり細かい切れ込みの入った葉のほうがメリット大きいです。

★リドレイは上に向かって育つビカクシダ

リドレイって板に横向きに着けても、年月経つとグイーっと株全体が上を向いてきちゃいますが、それはもともとリドレイは上(直上)向きに育つビカクシダだからではないかと。”上向き”の自生写真をよく見かけますよね。以前から「こんなんでどうやって水を得てるんだろう」と思ってたのですが、まるっきり問題ないんですね〜。普通に葉柄を伝ってきた雨水を芽の部分から取り込むことができるんですから。

貯水葉の隙間にはゴミが溜まることはないだろうけれど、毎日雨が降ってれば水分は維持されそうだし、根の生育にもそれほど問題なさそう。そうかぁ、リドレイは水分少ない状態にも多少耐えるけど、水をやるとよく反応して育つし、「水好きだよね〜」と思っていたことにもこれで納得がいきそう。

板に横向きにつけている状態では、芽の部分に水をやっても根元には十分に水分が行き渡りませんから、水不足で衰弱してしまいます。やはりバケツにつけたりしたほうが良さそうです。

リドレイは板につけるんだったら、板を平置きの状態にして、リドレイの芽が上向きになるようにしたほうがいいのかも。あえて板に付けず、鉢植えにしたほうがよく育つかも。

 

はぁ〜、そうかそうかぁ。なんだかいろいろ実験したくなってきました。もう一株ゲットしてみようかな。

っと、エラそうにつらつら書いてみましたが、これってふつーに既知の常識でとくに目新しい事実ではなかったりするんでしょうか。。。?だとしても、だれにもどこでも教えてもらったことないし〜。

リドレイ、入浴

やっぱり外だと乾くの速いです。今シーズン初の露天風呂。15分ぐらい浸かってました。

Platycerium ridleyi

風呂あがりの一服休憩なう(死語)。

Platycerium ridleyi

そうそう、リドレイ雨樋仮説を発見!!!乞うご期待???

Platycerium quadridichotomum

一昨年の秋に株分けしたクアドリさんです。屋外に出しました。

Platycerium quadridichotomum

12月ぐらいから芽が動き出し、まずは貯水葉2枚が完成しています。欲を言えば、貯水葉あと1枚欲しかった、、。1枚目の胞子葉がしょぼくれていますが、これは水切れでしょうかね。2枚目は大丈夫そう。3枚目が出てきています。

Platycerium quadridichotomum

水苔部分には前葉体からの小さな苗が。昨年夏、水苔になにかの胞子を塗りたくった覚えがあるんですが、きっとそれです。クアドリの落ち葉だったかもしれないです。

Platycerium quadridichotomum

はやく梅雨にならないですかねー(笑

リドレイ

リドレイ、ベランダに出しました。

Platycerium ridleyi

2枚目の胞子葉が出てきてます。

Platycerium ridleyi

冬の間に水を切らしてしまったことが数度あって、1枚目の胞子葉はちょっとショボめの仕上がりとなってしまいましたが、この2枚目にはぜひとも大きく育ってほしいものです。

レモイネイ

Lemoineiです。屋外越冬だと葉が傷んでしまうので、最近は室内越冬させています。もうこんなに貯水葉が育ってます。

Platycerium Lemoinei

Platycerium Lemoinei

土曜日から外に出し始めました。葉焼けしないで無事順応できるといいですけど。

PDF!

ちょっと調べ物をしていたところ、おや???ということで、

Platycerium Hobbyists Handbook.pdf(http://www.rareferns.com/)

どういうわけでここに置かれているのかはよく分かりませんが、

とりあえず、グーグル先生が教えてくれましたので、、、。

「麋」についてふと思った

調べ物をしていてふと思ったんですが、麋=空想上の動物で、、、のくだりがあやしいぃ。

これまで長いあいだ、伝聞情報を鵜呑みにしてまんま掲載していましたが、よく考えてみるとそもそも出典が不明です。インターネッツがこれほど発達したにもかかわらず、そのくだりの情報は見つからず。

ということで、

麋(音:ビ、訓:なれしか)=大型の鹿。ヘラジカ。

というもっともメジャーぽい解釈に訂正したいと思います。
けっこう重要な気がするので、俺ビ更新情報にも記載。
えー、なんかおちょくられてたのかなぁ?w 

コンパクトビフル

小型のビフルカツム。今冬も無事に屋外越冬完了です。今年は特にダメージが少なかったように思います。体感的にも2012−2013冬に比べれてわりと暖かかったような気がしますが、データ面ではどうなんでしょーね。

Platyerium bifrucatum

年末からほとんど止まっていた新葉はふたたび動き始めました。

厳冬期(年明け〜2月下旬ぐらい)は2週間に1度ぐらいの潅水頻度。施肥なし。3月に入ってからは週1度の潅水&薄めの液肥もあげはじめました。

コンテンツの配信