Cattleya

あやしい光

怪しい光を放つ箱。LED電球は3シーズン目、実質利用2年目に突入しました。購入直後に比べると眩しさが低減した気もしますが、測定比較しているわけではないのでなんともかんとも。(2012年の様子)(2011年の様子

朝6:30〜夕16:30までの点灯設定なんですが、(毎度のことながら)外から見たらやっぱり怪しいお宅ですよねぇ〜。雨曇の場合は余計目立ちます。このケース外に漏れる光がモッタイナイのでなんとか反射させてケース内に戻したいんですが。アルミホイルで覆ってしまえばいいんですが、日光も取り入れたいし。ビニールを透かして外の景色が見えるってのも捨てがたいし。なんといっても植物が見えないんじゃ何が面白いのかって気もするしー。毎年同じことを繰り返し悩んでます笑。

LED栽培

今シーズンは、LED発光部から葉面までの距離が10cmほど離れました。光の強度は弱くなりますが、照明面積は多少広くなるんでしょうか。

LED栽培

花にしか当たってないような。花が終われば鉢位置変わっていい感じになるかな。

 

Cattleya trianae fma. tipo

名無しの山木。今年はだいぶ早めの開花です。開花後1週間経過、NS13.5x15cm。(昨年の開花

Cattleya trianaei fma.tipo

もともと蕾は4つだったんですが、シースの中で1つシケました。水が足りなかったかな?

今回はペタルがピャっと開きませんでした。花弁が薄いわりに大きくて、重いんでしょうか?摘んで広げてみるとけっこうな花径になるんですけど・・・、ちょっと残念。

来シーズン育てたら再来年は植え替えかな~。

Cattleya intermedia fma. coerulea "Wenzel"

Cattleya intermedia fma. coerulea "Wenzel"

セパル&ペタルにもほんのりと色がのっています。渋くそして透き通るようなセルレア。リップは上品で花型もすっとしており、とても良い花ではないでしょうか。NS10x11cm

Cattleya intermedia fma. coerulea "Wenzel"

バルブが細くて全体的に弱々しい雰囲気なのですが、根っこはけっこう太いんですよね。水はしっかりあげたほうがいいのかな?ちょっとちやほやしてあげないといけなそう。

Cattleya trianae fma. tipo(山木)

ちょっとペース上げてますが、Cattleya trianaeも咲きましたのでアップ。

これは昨年の12月にカトレア練習用にオクで手に入れたものです。はこブーン(←悪い印象しかない)でがっしゃんがっしゃんにシャッフルされて届いて、しかも劣化バークコンポストはびしょ濡れで根が盛大にダメージを受けていたという、ちょっとかわいそうな子だったトリアネさん。今年の春に水苔に植え替えてあげたら頑張って復活してこんなにいい花咲かせてくれました(NS14.5x15.5cm)。

Cattleya trianaei

入手時も花が付いていたのですが、さらによい花となりました。トリアナエは、あまり手の込んだ感じのしないスッキリ(はいそこツッコミ無し)とした大きなサイズのTipoでセパルがピーンと張ってる花が好みなのですが、まさに自分が思い描いていたような花となってとてもうれしいです。ホントにうれしい!

コンテンツの配信