Cattleya Hybrids

そろそろ大晦日

先日、リドレイ1号のメンテを行いました。前回の根腐れメンテでヘゴ板につけなおしてから8年と半年が経ち、なんとなくそろそろメンテした方がいいのかな?と思っての作業でした。きっと、球体の中心部に仕込んだミズゴケが劣化して根腐れもしてそうだなぁー、と心配しながら、球体上部の古い貯水葉を1枚また1枚と切りとってみましたが、なんと、中心部近くでは大量の根が張りめぐっていてカチカチの塊のようなものができていました。そしてその塊はヘゴ板にがっちりとくっついていて、とても剥がせなそうな様子。もう根は生きてはいないかもしれないけれど、腐ってはいない状態です。せっかくこんなにしっかりと根が張っているんだから、このまま封印かな・・・(笑)というわけで、けっきょくリドレイの球体をうすくミズゴケで包みこむだけで作業終了とあいなりました。

途中、せっかくの機会だからというわけで、球体側面部分の貯水葉を取り除いてみたところが下の写真です。2013秋〜2014春にかけて成長した貯水葉の表面にはもう根が伸びていました!そして枯れた貯水葉はしっとりと水分を含んでいました。リドレイを持ってみてかなり軽かったので、もう水が切れているのかと思っていましたが、内部がまだこんなにしっとりとしているとは。リドレイの枯れた貯水葉にはまったく貯水能力がない、とこれまでずっと考えていたので、これは意外なことで驚きました。スポンジ構造はほとんどないと思いますが、スポンジ構造だけが保水に役立っているわけではないようです。まさにシールドリーフ。

リドレイの根

仕上がりは↓の通り。ストックしていた遮光率45%の黒ネットがミズゴケの支持にちょうどいい具合です。通気性も確保できるし、水をかければミズゴケが水分を吸ってくれます。床に広げたネットにミズゴケを薄く伸ばしてそこにリドレイをうつ伏せに寝かせ、新しい葉を傷つけないように気をつけてグルっと一気に巻いて。ミズゴケの硬さや見てくれなど、2,3回ぐらい試行錯誤してなんとか納得のいく出来になりました。さいごに有機肥料を茶袋に入れて置いてみました。胞子葉のボリューム感が増したらいいんですけど。

リドレイメンテ終了

今シーズンの貯水葉が伸びはじめています。遮光ネットを覆い尽くして分からなくするほどに大きく展開してもらいたいです。

リドレイメンテ終了

↓おまけ写真。新たに咲いたカトレア。ヒヤシンスの香りがしてかなり気に入っている花。C. Hawaiian Jewel 'Fuji'

C. Hawaiian Jewel 'Fuji'

右側の2輪で咲いている花は C. Hawaiian SnowFlake

Cattleya ’Hawaiian’ series

 

Cattleya Drumbeat 'Heritage' CCE, HCC/AOS

Cattleya Drumbeat 'Heritage'(=Lc. Drumbeat 'Heritage') CCE, HCC/AOS
カトレア ドラムビート’ヘリテージ’
C. Bonanza(Bracey) x C. Horace (1967) Registered by Stewart, Inc.

Cattleya Drumbeat 'Heritage'

THE カトレア!!!って感じですよねー。実はカトレアはドラムビート’ヘリテージ’が一番育ててみたかったんです。なんでか?ってーと、自分にとってはこれが”THE”だったから。これさえあればカトレアは終決できるだろうと、その頃は思っていたんですねぇ。ところが何時もよくあることで、いざ欲しいとなるとなかなかよいものが見つからない。で、途中で道草くってるうちに沼に片足とられちゃった、という、まぁこれはよくある話で・・・笑。

ようやく1年ほど前によいMC株に出会うことができて、今回の開花とあいなりました。バックバルブから吹いての初花となります。展開があまりよくないですが、ドラムビート’ヘリテージ’らしい花が咲いたと思います。NS12x15ほど。

Cattleya Drumbeat 'Heritage' CCE, HCC/AOS

ところで、自分の周辺ではこれまでドラムビート’ヘリテージ’に対して「いい花だね」といった意見を聞いたことがありません。逆に「いい花ですよね〜」と 言ったらドン引きされたという。まぁ、アレですもんねw たしかにお腹いっぱいになれる花です。自分はもう、アメジスト系は此れだけあれば満足で、ほかには何も要らないです(断言)。願わくばいつの日か満作にし てみたい・・・。それだけ。沼に片足とらわれてしまいましたが、カトレアの”THE”に変わりはありません。

で、さっそく来シーズンは鉢から芽がはみ出しそうなんですが、どうしたものか。植え替えして株を弱らせたくないので、鉢を継ぎ足しますかね。うーん、悩む。

cattleya

 

 

Cattleya Hawaiian Jewel 'Fuji' SM/JOGA

Cattleya Hawaiian Jewel 'Fuji' SM/JOGA
カトレア ハワイアン・ジュエル ’フジ’ SM/JOGA
Cattleya Old Whitey x Cattleya Princess Bells 1/1/1989, Kodama

今年は植え替えをしました。バルブは小さく花は咲くかどうか、とあまり期待していませんでしたが、なんとか1輪咲きました。NS15x15cm

Cattleya Hawaiian Jewel 'Fuji' SM/JOGA

昨年は3輪咲きましたが、花の形はほっそり気味でした。今回は1輪にパワーが集中したためか、けっこう丸い花となり、なかなか見応えのあるものになったかと思います。この花型で輪数増やせたらいいなぁ。来年に期待。

Cattleya Hawaiian Jewel 'Fuji' SM/JOGA

 

Cattleya Litozac 'Living Fire'

Sophrolaeliocattleya Litozac 'Living Fire'(C. Litozac 'Living Fire')
ソフロレリオカトレア リトザック 'リビングファイア'
Slc. Diablito x Slc. Anzac 1970年 Stewart Inc.

今回は3輪咲きました。

C. Litozac 'Living Fire'

半年に1バルブ増えるのでぐいぐい茎が伸びます。リードは1つのままなので、まっすぐ一直線に伸びてます。はぁ、リード増えてほしい、、。次に伸びる芽は鉢のふちを超えてしまいそうです。そろそろ株分け植え替えですね。

ところで、花の”赤”が正確に撮れないので困ってます。実際にはこんなに鮮やかな赤ではなくて、ワインレッドのようなもっと深い赤です。

カトレアのシーズン始まり

Cattleya Hawaiian Snowflake  select
カトレア ハワイアン・スノーフレーク 個体名なし
Cattleya Ruth Gee x Cattleya Earl 1/1/1989, Kodama
2013年12月に西のほうの趣味家の方に譲っていただきました

毎年咲いてはいたのですが、なかなかかたちよく大きく咲かず。今年は6月に植え替えしたのであまり期待していませんでしたが、見事な花が咲きました。NS14.5x15.5cm。

Cattleya Hawaiian Snowflake

ちょっと残念なのは、香りが・・・。いや、カトレアの香りはしますけれども。

C. Hawaiian Jewel 'Fuji'とくらべるとかなり丸い花型です。いい花ですね。

咲きました6月第4週版

Sophrolaeliocattleya Litozac 'Living Fire'(C. Litozac 'Living Fire')
ソフロレリオカトレア リトザック 'リビングファイア'
Slc. Diablito x Slc. Anzac 1970年 Stewart Inc.
2014年の6月に五島園芸さんよりやってきました。

Cattleya Litozac 'Living Fire'

半年に1度、咲きます。今回はちょっと涼しめの梅雨シーズン開花で、色よく大きく咲きました。実際にはもっと暗い赤です。ワインレッド。NS 11x11cmほど。

2001年に育ててたリトザックは株がもっと大きかったような気がしていて、バルブの長さはこの株の2〜3倍ぐらいあったかもしれません。 もしかすると、あれはオリジナル分け株だったのでしょうか。これはメリクロン増殖株でしょうから、やっぱ小さくなるのですかねぇ。花の大きさはあまり変わらないような気がしますが。

あとはそうですねぇ、前回開花後、今回の開花に至るまでは、完熟発酵油粕団子を1粒置いて、水も多めにしてみました。日照も特等席で。あわよくば3輪開花が拝めるか?と少々エロ心を露わにしてしまいましたが、けっきょくはまた2輪でしたねー。でももしかすると、ふくよかな感じに咲いてくれたんではないかなと思っています。そうそう、弱いながらもカトレア的な香りがします。

↓Ceratostema sp. aff. pubescens(C.pubescens ニューヨーク植物園所蔵の干し草標本)  開花その後です。

Ceratostema sp. aff. pubescens

ん?花の下が濡れているような。もしや・・・。花を振るって手のひらに液体を。そして舐めてみると・・・。

!!あまい〜!! というわけで、花から滴り落ちた蜜でした。こりゃたしかにハチドリまっしぐらです。

株や枝をよく観察してみたところ何本もの枝先に蕾ができているのが確認できました。いきなりこんなたくさん、なんなんでしょう。生命の危機を感じてんのかな?

↓5弁花で下から見ると★型。弁先が緑色でテカテカ&うっすら産毛&ぷにぷにする多肉質の花弁。けっこうかわいらしい花ですよ。いかにも熱帯!的な雰囲気もとてもよいです。

Ceratostema sp. aff. pubescens

カトレア

Cattleya Hawaiian Jewel 'Fuji' SM/JOGA
カトレア ハワイアン・ジュエル ’フジ’ SM/JOGA
Cattleya Old Whitey x Cattleya Princess Bells 1/1/1989, Kodama
2013年12月に西のほうの趣味家の方に譲っていただきました

Cattleya Hawaiian Jewel 'Fuji' SM/JOGA

今回は3輪咲きました!ただちょっと展開がよくなかったですかねぇ。でも大きな花なのでかなりのボリューム感。花が重くて鉢が倒れてしまいそうなぐらい。あいかわらずよい香りがします。洋風というよりは和風な、みやびな香りがします。

2014年1月の開花

Sophrolaeliocattleya Litozac 'Living Fire'(C. Litozac 'Living Fire')
ソフロレリオカトレア リトザック 'リビングファイア'
Slc. Diablito x Slc. Anzac 1970年 Stewart Inc.
2014年の6月に五島園芸さんよりやってきました。  

Slc. Litozac 'Living Fire'

半年に1度、年に2回咲きます。やっぱり夏に咲くより赤が濃いように思います。光を透かしてみるとすこしマゼンタが混じりますが、まぁ、真っ赤!ですねぇ。セパルにはオレンジも入るので、少しトロピカルな雰囲気も感じます。新芽が動いてきていて、6月、7月ぐらいにはまた花が見られそうです。これ、リードを増やしてたくさん咲かせたら見事でしょうね〜。

2014年8月の開花

 

C. Mikkie Nagata ‘Orchidlibrary’ SM/JOGA

Cattleya Mikkie Nagata‘Orchidlibrary’ SM/JOGA (MC)
カトレア ミッキー・ナガタ’オーキッドライブラリー’
Cattleya Michael Collins x Cattleya Nippon, 1986, Nagata Engei
2014年9月下旬に西のほうの趣味家の方から譲っていただきました。

うちに来てからまだ1ヶ月も経っていないのですが、良い花が咲きましたので。

Lc. Mikkie Nagata ‘Orchidlibrary’

開花して1週間が経ちました。3輪咲いています。NS14x14cm強ほど。ペタルの弁先に染みだすように赤が載り、花全体の輪郭をシャープな印象にしていると思います(これはメリクロン変異なのでしょうか。それともその時々の株の体調によるものでしょうか。画像検索すると弁先に赤が入っていない個体も多いですね。)。

セミアルバだったら本品種かニッポン’リビンザ’がいいなー、と思ってここ2,3年探していましたが、やっと気分が落ち着きました笑

 

コンテンツの配信