ヘルプ

分散型認証

新しいサイトを訪れ、そこへ参加しようとした際、面倒に感じることの1つにユーザ登録フォームへの記入があります。 当サイト 俺のビカクシダ では、もし、あなたがすでにDrupalでの登録ユーザであれば、このサイトでの登録フォームに記入せずにログインすることができます。 これは 分散型認証 と呼ばれる認証方法で、 俺のビカクシダ の運営に使用しているソフトウェアである Drupal は、これを完全にサポートしています。

分散型認証は、新規のユーザが 俺のビカクシダ でのユーザ登録をしたことがない場合でも、認証を提携している他サイトのユーザ名に若干の変更を加えた Drupal ID とパスワードをログインボックスに入力することで、ただちに承認されるようにします。 これは、外部の登録データベースとの交信方法を、Drupal が知っているために機能します。
例えば、taro という新規ユーザが、すでに drupal.org の登録ユーザだとします。 Drupal はユーザ登録やログインの画面で、俺のビカクシダ にユーザ登録する代わりに彼の持つ Drupal ID を使ってログインできるかもしれないことを taro に知らせます。 taro はそのアイディアが気に入り、taro@drupal.org というユーザ名と、いつもの drupal.org でのパスワードでログインします。 すると Drupal は、水面下で drupal.org と交信(通常、XML-RPC HTTP POST 、あるいは SOAP を使います)して、「これは taro というユーザの正しいパスワードですか?」と尋ねます。 もし、drupal.org が「はい、間違いありません」と返答すると、俺のビカクシダ での taro の新規アカウントを taro@drupal.org というユーザ名で作成し、そこに taro をログインさせます。 taro は、その後も同じ方法で 俺のビカクシダ へログインすることができ、その際には同じ taro@drupal.org というアカウントにログインすることになります。

Drupal